カラコン初心者にもおすすめのヘーゼルカラコン

ヘーゼル系のカラコンというとギャル系の派手なメイクに合わせる高発色カラコン、というイメージを持っている人もいるかもしれません。
ラヴェールのシルキーベージュなど実際にそういうヘーゼルカラコンもあるのですが、ヘーゼルカラコンの中にはカラコン初心者の人にも良さそうなナチュラルなものもあります。

例えばプティアというシリーズのエルムヘーゼルはとても自然に見えるカラコンです。
自然に見える秘密はフチの部分にあります。
ラヴェールのシルキーベージュはフチがくっきりとしたフチなので、近くで見るとすぐにカラコンを付けているとわかります。
しかし、プティアのエルムヘーゼルはフチの部分がぼやけたようになっていて(ものすごく近くで見ると小さなドットが集まっています)、そのおかげで近くで見てもカラコンを付けていると気づかれにくくなっています。
たとえカラコンを付けていると気づかれにくくても、瞳はさりげなく大きめに見えるのでカラコンを付けている意味はちゃんとあります。

そして、ヘーゼルカラコンというのはハーフ系カラコンの定番カラーでもあります。
しかしヘーゼル系がハーフ系の定番カラーといわれてもどんなヘーゼルカラコンを選べばいいかわからない、という人もいるはずです。
そこでハーフ系カラコンの選び方についても少し書いてみます。
まず重要なのが1トーンではなく3トーンが重なったカラコンを選ぶことです。
カラコンの写真を見てもわかると思いますし、カラコンの宣伝文で「3トーンのグラデーションが~」とか書かれていることがあるので、それでもわかると思います。
3トーンのグラデーションになっているカラコンは装着すると目にひまわりの花の模様が浮かび上がるので、カラコンの通販サイトの着用例写真を見ればすぐにわかるはずです。
この3トーンのグラデーションによるひまわり模様というのがハーフ目っぽく見えるポイントです。

自分の住んでいる近くのカラコンショップにいいカラコンが無い場合にはネット通販で買ってみるのもおすすめです。
カラコンは実店舗でも試着なんてできませんから、通販で買ってもそこは同じです。
ヘーゼルカラコンを通販で探してみたい人は、下記のサイトなどを参考にショップを探してください。
>>ヘーゼルカラコン おすすめショップ